HOME > 同友会について

同友会について

良い会社、良い経営者、良い経営環境づくりを目指して
同友会は、中小企業の繁栄と、そこで働く全ての人の幸せを願い、地域社会の発展のために活動しています。

同友会の歴史

中小企業家同友会は、中小企業の利益を守るという立場から、1957年4月に日本中小企業家同友会(現東京中小企業家同友会)として東京に生まれました。その理念が全国に波及し、現在ではすべての都道府県で同友会が活動し、会員数は約45000名にのぼります。

北海道中小企業家同友会は、1969年11月22日に30名ほどの会員経営者で船出し、“知り合い、学びあい、援けあい、激動を良き友とする経営者になりましょう”を合言葉に、常に経営に役立つ活動をすすめてきました。現在、会員数は約5900名となり、全国の都府県同友会の中で一番の会員数を誇ります。

2009年に一般社団法人化。2017年現在、全道10支部(札幌、南空知しりべし・小樽とかちくしろオホーツク道北あさひかわ函館苫小牧、西胆振)で活動。

同友会の理念

企業にも経営理念があるように、同友会にも同友会運動の歴史の蓄積の中で培われてきた同友会理念と呼ばれるものがあります。
理念とは「理性によって到達する最高の概念」(広辞苑)の意味ですが、会の目的、性格、基本となる考え方を総称するものです。
今日、同友会理念と呼ばれる内容は次の三点にあらわすことができます。

同友会3つの目的

1. よい会社をつくろう

同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して、企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。

2. よい経営者になろう

同友会は、相互に資質を高め、知識を吸収し、これからの経営者に要求される総合的な能力を身につけることをめざします。

3. よい経営環境をつくろう

同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく経済・社会・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本と北海道経済の自主的・平和的な繁栄をめざします。

自主・民主・連帯の精神

同友会運動は、「自主・民主・連帯の精神」で3つの目的をめざしてすすめられています。
自主・民主・連帯の立場を離れては、3つの目的が高邁であれ、活動の中味がきめ細かであれ、
最終的には足なみが乱れ、あげた成果も消し飛んでしまうおそれがあります。
  • 1. 自主

    自主というのは2つの意味をもっています。ひとつは、同友会は他のいかなるところからも干渉や支配をうけないということです。
    もうひとつは、入会も脱会も会員経営者の自主性を大切にするということです。つまり、会の主体性を守るということと、会員の自由選択権を保障するということです。
  • 2. 民主

    民主にも2つの意味があります。ひとつは、会の運営を会員の要求や意見に基づいて行い、ボス支配などが絶対におこらないようにするということです。
    もうひとつの意味は、あらゆる事柄を、常に民主主義の立場にたってとらえ、民主的な物の見方や考え方を積極的にひろめていこうということです。
  • 3. 連帯

    会員同士の腹を割った裸での援けあいと、あらゆる階層の人たちと手をとりあっていこうという、外へ向けての融合、協力、団結をすすめる意味とがあります。

国民や地域と共に歩む中小企業

同友会がめざす「国民や地域と共に歩む中小企業」とは、企業活動で豊かな国民生活の実現に貢献していくものであること。
また優れた製品やサービスの創造、提供を通じて人々の暮らしの向上と地域経済の繁栄につくすことです。
同友会はそれぞれの地域において、地域経済の活性化に積極的に提言し、行政機関、経済団体、金融機関、教育・研究機関、市民団体と連携し、地域おこしを共に進め、国民一人ひとりの幸せを大切にする経済社会をつくっていくことをめざしています。

私たちが大事にしていること

会員間取引の3つの申し合わせ

1. 同じものを買うなら会員企業から、会員にはなるべく安くて、良いものを提供する。
2. 率直に希望を出しあい、仕方なくお義理で取引するのはやめ、お互いに利益は保障する。
3. 取引を通じて、会員同士の“友情”と“信頼”がいっそう深まるよう努力する。

運営にあたっての心がけ

1. 会員の要求は、どんなに小さくとも必ずとりあげ、成果は全会員のものになるようつとめる。
2. 会員の自主性を尊重し、知りあい、学びあい、援けあいを日常的に追求する。
3. 会員の思想、信条、企業の大小、会員としての経歴、社会的な地位に関係なく、会員は対等平等であり、それぞれの立場から自由に発言できる雰囲気を保障する。
4. 身近な問題を軽視せず、大きな課題を諦めず“早く”と“粘り強く”を織り込んで活動をすすめる。
5. ボス支配を絶対にさけ、全会員が運営に参加するよう細心の注意を払う。
6. 他団体との交流も積極的に行い、要求や目的で一致できる点では手をとりあい、縄張り主義に陥らない。
7. 決定は“全員一致”をたて前とし、十分に論義をつくす。
8. 個人の政党支持、政治活動の自由を保障し、会員が政治に関心をもつことは大いに結構だが、同友会としては、一党一派にかたよらない。

同友会の概要をまとめた動画をご覧いただけます。

入会方法

一般社団法人北海道中小企業家同友会 札幌支部では共に学ぶ経営者の仲間を募集しています。
入会をご希望される方は下のボタンよりお申込みフォームへ進みください。
  • 入会資格

    企業規模にかかわりなく、企業経営者(もしくはこれに準ずる方)で、同友会の主旨に賛同される方は誰でも会員になることができます。
  • 入会費用

    入会金  20,000円
    1ヵ月分会費   5,000円 (6ヵ月分前納)

お問い合わせ・申込みはこちら

goedkope voetbalshirtsLacné Futbalove Dresytanie koszulki piłkarskiecamisetas de futbol baratasmaglie calcio shop