HOME > 会員企業トピックス > わが人生わが経営 岡田建具製作所 岡田守さん

わが人生わが経営 岡田建具製作所 岡田守さん

2017.05.17(水)

「恵庭で建具を作り続け、この5月で50年の節目を迎えました。建具業界を取り巻く環境は厳しさを増していますが、他社ができないような物を作り、ブランドづくりに取り組んでいきたいです」

岡田さんは恵庭で農家の家に生まれました。のどかな田園風景の中にも防空ごうなどを目にし、幼心に戦争の足音を感じたそうです。中学を出ると兄弟が多かったこともあり、手に職を付けることを決めます。選んだのは“指物師”と呼ばれ、家具から机、流し台とあらゆる木製品を手掛け、重宝されていた建具業界。恵庭市内の会社に住み込みで奉公を始めます。

マニュアルなど無い時代。かんな、のこぎり、のみといった道具の持ち方、使う時の姿勢など基本的なことは教えてもらいましたが、「技術的なことは先輩の姿を見て覚えた」と振り返ります。

仕事の傍ら、奉公先の勧めで定時制高校に通いました。当時、職人の休みは毎月1日と15日というのが一般的で、繁忙期は学校から帰った後も仕事をすることがありましたが「大変だとは思わなかった」と言います。

職人として独り立ちし始めた頃、奉公先の親方がケガで入院します。会社の先行きに不安が漂う中、年長の職人から「代わりを務めるのはおまえしかいない」と託されます。まだ22歳でした。

仕入れ、販売の価格も分からず右往左往する毎日。それでも仕事に使う物差しの単位を時代の変化に合わせて寸、尺からメートルに切り替えるなど、会社運営に対する考え方が定まっていきました。

その後、親方の病気などが重なり会社を畳むことになったため、従業員を引き継ぎ、1967(昭和42)年に26歳で独立しました。

起業に当たっては“普通の会社にしたい”との思いを貫きます。当時、建設業界では休みは月に数えるほどで退職金は無し。冬期間は工事がないため失業保険に頼ることが常態化していました。通年雇用を図るにしても冬場の仕事を確保することは容易ではありません。「経済的にも家族、従業員に苦労を掛けた」と述懐します。

高度経済成長の波に乗り業容は順調に拡大。戸建て住宅をはじめ、分譲マンションや学校、会館、病院と大小問わず、さまざまな建築工事に携わっていきます。

そうした右肩上がりの中でもターニングポイントはありました。創業から10年ほどはアルミ製のサッシ、バルコニーの手すりなども自社で部材から加工し、建物に設置していました。しかし、サッシ類が規格化され、メーカーが完成品を建設現場に持ち込むようになると、縮小を余儀なくされます。

多くの企業と同様、90年代にはバブル経済崩壊のあおりを受けて建築工事が急激に減り、価格競争が激化していきます。

そこで「価格競争のない分野はないか」と考え、戸建て住宅を経営の中心に据えます。取引先もそれまでのゼネコンや大手ハウスメーカーから、中小の工務店へと切り替えていきました。

製品づくりも見直します。ライフスタイルが変化し、たんす、食器戸棚といった置き家具に代わって、クローゼットをはじめとする作り付けの家具が増加。建材メーカーも建具に参入してくる中「メーカーの商品はある程度規格が決まっている。メーカーではできないものを作っていく」ことを決めます。目を向けたのは無垢材です。

「木は伸び縮み、狂いがあって難しい」と話しますが、狙いは当たり、古民家の再生などを手掛けるような“こだわりを持つ工務店”から支持を得ています。

今、ストローブマツという松の一種に注目しています。道内でも多く植林されましたが、乾燥など加工が難しく利用が進んでいないため、この商品化を研究しています。

企業は人なりと言われますが、岡田さんは長らく続いた景気低迷の時期も人材採用を続け、合わせて設備投資を図ってきたことで「他社ができない物を作れる会社」の下地が整いました。

社員には常々「いろいろなものを見たり、聞いたりして自分の糧にしてほしい」と語り、東京で開催される住宅関連の展示会にも積極的に参加させているほか、希望すれば、建築士や宅地建物取引士といった資格の取得費も補助し「お金ではない資源が蓄積されているはず」と胸を張ります。

同友会には取引先の紹介を受け、81(昭和56)年に入会し「多くの学びを得て経営に生かしている」と言います。千歳・恵庭・北広島・長沼地区会の幹事を長年務め、学びへの意欲は高まるばかりです。


略歴
おかだ・まもる 1941年3月16日、恵庭市出身。中学卒業後、市内の建具会社で修行し、26歳で起業。(株)岡田建具製作所=1967年創業、69年に株式会社化。木製建具、造作家具の製作・施工。資本金3600万円。従業員28人。


(中小企業家しんぶん 2017年5月15日号 シリーズ「わが人生わが経営」より転載)

関連タグ: